近藤 卓(こんどう たく)先生のご講演をお聴きしました!

2017/ 01/ 24
                 
昨日は、うちの息子の中学校で、近藤 卓先生の講演会があり、参加してきました。

現在、山陽学園大学教授で、臨床心理士、日本いのちの教育学会 会長など、

自尊感情についての研究第一人者といわれている先生です。

心はどこにありますか?ということで

胸にある…文学的

頭にある…医学的

心理学的に言うと、

人と人の間に作るもので、

人との共有体験(体験の共有+感情の共有)で作るものですと言われました。

未来に向かって、同じ方向を見て、一緒に生きていく関係。

向き合う関係ではなく、ならぶ関係で、世界に、未来に開かれているのが「愛」だ!と。

好きな人と一緒にいること。

同じものを見たり、聞いたり、触ったり

かいだり、味わったりすること。

一緒に泣いたり、笑ったりすること。

何もしないで、そこにただいること。

それだけで、こころが救われる。

「共有体験」のたびに、積み重なって厚みを増していくのが、基本的自尊感情だと。

もう一つ、印象に残っていることは、

千と千尋の神隠しの銭婆(ゼニーバ)のセリフ。

「一度あったことは、忘れないものさ…、想い出せないだけで」

大切なものは、普段どうしていますか?

奥にしまっていませんか?

3歳までの大切な時期の記憶がないのは、なぜなんだろう?という疑問。

忘れてしまったのではない、想い出せないだけなんだ!!

大切なものだから、簡単に想い出せないようになっているのだというお話がじーんときました。

人間って、自分も他人もまだ気がついていない未知の部分があるということも教えていただきました。

そこに、誰もわからない、すごい可能性が眠っている生き物なんだなぁと感じて、ワクワクしましたよ~。

息子と一緒に、基本的な自尊感情について、共有の学びができたこと、本当によかったです。

弥栄 弥栄



                 
        

持っていないものに感謝するんじゃないですよ!

2016/ 09/ 18
                 
8月の矢掛セミナーで、矢野先生が

今、あるもの、持っているものに感謝するのであって、

皆さんは、持っていないものに感謝しようとする、

それは、今持っていない「お金」だったり、子どもの進学(いいところに入れたい)だったり。

今持っているものにありがたいと思うのではなく、欲しいものに意識を向けている。

今ないもの(欲しいもの)に意識を向けて、思い通りに引き寄せようとする。

だから、今すでにあるものに感謝することが少ない。

そうでしたね~。

また、人間として生きていくための「土台」として

子どもの時代に「躾(しつけ)とルール」を教える必要がありますというお話でした。

先日、とても厳粛な授賞式の会場の控え室で、食事を取ったあと、

本会場に移動する際、椅子をみなさん机の中にきちんと戻してから、移動されました。

もちろん、中学生もきちんと戻しておられましたよ。(次男もその中におりました)

(たまに、座ったままの位置で椅子を中に戻さない大人がおられますけど、あれはね~)

以前、「開運!なんでも鑑定団」に出演されている(ブリキのおもちゃ)北原照久さんが、

番組の終わりに退場する際、自分がいつも椅子を戻して退場していたら、

視聴者の方から人格を褒められたお話をされたことがありました。

何も言わなくても、自然に椅子を戻す中学生を見て、本当に素晴らしいと思いましたね。

言われなくても自分でできる、それはルールをわきまえている、身についているからですからね。

「躾とルール」を教えることは、

健康な体作りと同じく、人格形成、より良い人間関係づくりには必要なことだと感じます。

弥栄 弥栄





                 
        

自分の未来を、過去の常識であきらめないで!

2016/ 09/ 17
                 
昨日は、サンパレス益田で、植松努さんの講演会(←クリックするとYouTubeで植松さんのお話が見れます)があり、智子さんと参加してきました。

ビジネスプラン(あんの会計)さんの主催です。

「どうせ無理」という言葉を言わないで!

この言葉は、人の自信と可能性を奪う恐ろしい言葉です。

「だったら、こうしてみたら?」と言いながら、やったことがなくて不安でも、

不安の向こうに喜びがあるから、不安に立ち向かって欲しい!!

やったことがないことを、自分だったらどうするか?考えて

やったことがないことをどんどんやっていこう!!

そうしたら、個性が身について必要とされるようになるから!

「必要とされる」この言葉、嬉しかったですね~!

「ちがうはすてき!」

「やったことがないことをやると自信がつく」

「自分の未来を過去の常識であきらめないで」

自分が本当に目指すべき成果というのは、

人より出来たという手柄、人の上に立てたというプライドではなく、

「自身の能力」が身につくということが一番重要なこと。

そして、その能力を使って、社会の役に立つか、人の役に立つかを考えること。

楽をして何もしないでいると、無能になって誰からも必要とされない…。

やったことがないことを、自分だったらどうするか?を考え

人と違うことを恐れずに、どんどん自分の夢を語り

わかってくれる人に出会えるまで、語り続けよう!!というお話を聴いて

そうだ!そうだ!と納得しましたね~。

ご本人にお会いして、直接聴かせていただく

それは、「出会うこと」ですから、ご縁です。

やっぱり心に響きます。

「だったらこうしてみたら?」

どんどん工夫して、不安を乗り越えたらその向こうに喜びがある!!

過去の自分に縛られずに、好きなことを、やりたいことを頑張ってみようと思います!!

弥栄 弥栄



                 
        

あなた方がどれほど恵まれているか知ってください。

2015/ 01/ 08
                 
1月7日、新年代理店会議で、広島リーガロイヤルホテルに行ってきました。

夕方から食事会もあったので、一泊して今日帰ってきました。

ものすごく感動しました!!!!

ミキグループ本社、三基商事(株)顧問である、市川伊三夫さんのご講演が胸にしみました。

一番胸を直撃した言葉は

ミキグループにいるあなた方が、どれだけ恵まれているか知ってくださいということでした。

外を見る目を持ってください。

外の環境、外の人、外の会社は今、どうなっているのか?

資産があり、お仲間がいて、女性が40年以上も前から社会で活躍しているグループであり、

品のいいグループというのは、日本広しといえども他にないですよと。

市川伊三夫さんは、昭和3年1月10日のお生まれで、慶應義塾大学経済学部卒。

元 三菱銀行代表取締役専務、三菱銀行ニューヨーク支店長などを歴任し、ニコン副社長をはじめ、東京学芸大学理事、東京銀座ロータリークラブ会長など、あらゆる分野の会長職に就かれている方です。


しあわせが当たり前だと思って、あれが悪いこれが悪いと思ってしまうのが一番いけない。

外の世界を見たら、今の幸せがわかるものです。

今の幸せをありがたいと思わないと下品になってきますよ。

人間って、やっぱり心です。

「人と人が会う」それだけで成長する、あなたの将来に大きな影響があるのです。

「会」というものをバカにしてはなりません。

寺子屋教育、その人の成長に合わせた教育が大事で

一人一人自分の順序を持っているのです。

一人一人の成長はみんな違うから、早いからいい、遅いから悪いということはないのです。

そして

心の中に大きな希望を持ってください!

「夢は実現する」と強く願うことです。

いつも強く願い、祈っていると、突然にきっかけがきっかけを呼んで実現する!

人におけるチャンスというものは「飛躍」なんです。

「明日は非常にいい人に出会う」と信じて願いましょう!

「素晴らしい人生にしよう!」と強く思いましょう!

夢を強く持つような人生にしていってくださいとお話されました。

86才には到底見えない肌のハリとツヤ。

物腰の穏やかさと、笑顔、なんとも言えない神々しいオーラ…本当に素敵です!

昨日も握手していただける幸運に恵まれ、

今朝も朝食会場で偶然出会えて、またまた握手をしていただきました。

市川さんの手から「気」がバンバン伝わってきたのです。

そして

やることが決まったのです!

広島から帰って、すぐ東京の日本食育協会にお電話をしました。

それは突然に、きっかけがきっかけを呼び実現すると言われたように

私の夢に向かって、グラッと大きく回転し始めましたよ~!

どれだけ恵まれていたか、どれだけ幸せかに気づいたら、じっとしていられませんでした!

泊まっていたお部屋も

リーガロイヤルホテルの部屋番号

なんだかありがたい数字「2211」でした!

今年はやりますよ~!力を貸してください。

よろしくお願いします

彌榮 彌榮