QLOOKアクセス解析

さぁ行こう*ありがとう姉さん21*

食育と九星気学で心と体を整えるさかえ姉さんのブログへようこそ!
TOP ≫ CATEGORY ≫ つぶやき
CATEGORY ≫ つぶやき
       次ページ ≫

お部屋の中のビオラ

今年は、家の外にも、また部屋の中にもビオラでいっぱいです。

「よく咲くビオラ」は、とってもイキイキして、苗が元気です。

私の長女が大変お世話になっている施設のテーブルに、

ガラスの器にお水を入れて、根のついたビオラの苗が飾ってあったことがありました。

それを拝見した時に、いいなぁと思いました。

我が家でもやってみましたよ。

biora3.jpg

根にはすこし土が付いていますが、水を入れた中に苗を置くだけです。

ビオラ

黄色いバケツには、普段はオアシスを入れて切花をアレンジしていますが、

そこに水をたっぷり入れて、オアシスの上に苗をのせています。

biora2.jpg

長く咲き続けますよ~!

部屋の中でも元気なビオラのお花を見れて、すごく嬉しいですね。

今日から土曜日まで一週間、孫たちが泊まりに来ますよ~!楽しみです。

弥栄 弥栄



かき集めるのをやめたら

去年8月5日、矢掛セミナーの時に、矢野先生から

周りからかき集めたもので、自分を作るのはやめにしなさいとアドバイスをいただきました。

周りから聞いてきたもの、新しい情報で自分をかためてお話しても

自分の腹まで、腑に落ちていないから、上っ面の話にしかならない。

上っ面の話は、相手の心には入っていかないのだと言っていただいて、

初めて気がつき、腑に落ちたのです。

一番最新の情報を学び、伝えることこそが役割のように思っていました。

聞いてきた話は、所詮、聞いてきた話、、、、

面白いかも知れないけれども、本当の「私」ではないから、相手の心に入っていかない。

本当の私で、自分が体験した実感を伝えよう!と決心することができましたね。

以前、先輩代理店から、

「山口さんの話は、説明で、実感が足らないんだよね」

とアドバイスされたことがありました。

相手の心にスーッと入っていく言葉にするためには、

やはり、自分が体験したことが喜びになって自分のものになっていること。

そのことが腑に落ちてからは、

次々に新しいものを探すのではなく、

自分の中を深めることに意識が集中するようになりました。

自分が体験してきたものを認めず、できていないと思い込み、

劣等感にまみれた自分を隠すように

自分にないものを外からかき集めてきて、聞こえのいいセリフを探し、

「魅せること」に意識を向けていたことを気がつかせていただきましたね。

本当に、一番気がつかなければいけない大切なことに気づかせていただくことができました。

矢野先生には、心から感謝しております。

また、矢掛セミナーの前日に、

岡山のコンベンションセンターで商品説明の場を与えていただき、

「作った自分」でお話をした私の様子を見て、

「これではいけない」と察知してくださった山岡さんに、心から感謝しています。

本当にありがとうございました。

これからも、変わらず、温かいご指導を、よろしくよろしくお願いいたします。

弥栄 弥栄



一重の白い椿、きれいですね~。

藤岡さんからのお写真、第二弾!!

きれいな(一重の)白い椿の写真を送ってくださいましたよ~!

赤い椿と合わせれば、紅白で縁起がとっても良さそうですね。

つばき

本当にきれいですねーーー!

赤い毛氈の上の白い椿、素敵です。

我が家にも白い椿がありますが、八重の椿です。

それに、まだつぼみが堅く、咲いていませんから、

きれいな一重の椿が拝見出来て、嬉しかったです。

藤岡さん、ありがとうございました。

弥栄 弥栄

藤岡さんちのおひなさま!

益田の藤岡さんのお宅に飾っておられるお雛様は、こんな感じで、

おひなさま

よーく見ると、もしかしてこれはお菓子ですね~。

こんな飾れるお菓子があるとは、知りませんでした。

藤岡さんのお宅には、古布の手芸作品が季節ごとに変えながら飾られています。

おひなさま2

お写真を送ってくださいました!

こうして皆さんで拝見させていただけるので、嬉しいですね。

藤岡さん、ありがとうございました。

古布を使った手作りの作品は、なんでかなぁ、、、落ち着きますよね!

だから、私の普段着はいつも着物をリメイクしたものです(笑)

日本人に生まれてよかった~って感じながら生活できますよ。

弥栄 弥栄

すてきな絵本を贈ってくださいましたよ!

今日、岡山県の矢掛町にお住まいの渡邉さんから、たくさん絵本を送っていただきました。

本屋で山口さんを思いながら選びました…とお手紙も添えられていました。

本当に ありがとうございました。

ちゃんと、その前に山岡さんから「渡邉さんから届きますよ」とご連絡をいただきましたから、

それがまた、素晴らしいなぁ、微笑ましいなぁと、仲の良い関係が感じられて、嬉しかったです。

watanabe2.jpg

「ぶりっぺ すかっぺ」は、

何を食べたらくさいおならになって、何を食べるとくさくないかが描いてあります。

watanabe3.jpg


「ありがとうがしりたくて」は、

「ありがとう」をしりたい天使がいました…というお話です。

ありがとうって、

あたえてもらえること、

あたえてあげられること。

ありがとうは、「愛のおと」です!(花マルっ!!)

はるかとおい空まできこえてくるのは、愛のおと 

まっすぐに とどく 愛のおと 「ありがとう」

という、心が温かくなる詩です。

もう一冊、「ことばのかたち」

もしも 話すことばが 目に見えたら どんなかたちをしているだろう

たとえば

うつくしいことばは、花のかたち

色とりどりの花びらとなって くちびるから はらはら まいおちる

声によって 色はかわるのかな

はな

きっぱりとした声なら オレンジの花

しずかな声なら 青い花

やさしい声は さくらいろ

・・・・・・

「だまっている」という ことばのむこうに

ゆたかな森が ひろがっているかもしれない

もり

・・・・・

いいですね~ゆたかな森

うちの主人のこころにも、ゆたかな森、広がっているのですね~(笑)

こころが、おだやかな気持ちになりました。

渡邉さんのお気持ち、お受け取りいたしましたよ~。

ありがとうございました。

すぐ手に取れるところに、いつも置いておきましょうね。

弥栄 弥栄














02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28