2017/09/19

楽しい食育♪

7月22日に2才になった孫のしょういちろうくん。

弟のゆうのすけくんは、10月30日で満1才になります。

先日、娘がブログに、「楽しい食育」というテーマで書いていましたよ。

いつも、仕事終わりの疲労感の中、

子どもをみながら夕食の準備をするのは忙しく、慌ただしく、

いらだちやすかったのが、

子どもたちを待たせて夕食を作るという考えをやめて、

子どもたちと一緒に作ればきっと楽しいはず!と考えを変えて、

「お手伝いしてみる?」としょうちゃんに訊いてみたら、

「うん、いいよ~!」とすぐお返事があったようで、

いまでは習慣になりつつあると、嬉しい様子を書いてくれていました。

できない、危ないと思うことをやめてみたら、イライラしなくなったようです。

ひとつひとつ体験しながら、子どもの成長を観察しながら、

自分の考え方を変えて、思い切ってやらせてみる、

子どもを育てながら親が成長して、「親」に成らせてもらっているんですね。

私も娘には教わることが本当に多いです。

自然と触れ合うことも本当によくさせてくれていますよ。

しょうちゃん3

しょうちゃん1

旦那さんの実家のあたりは、自然がいっぱいですからね。
でも、自然に触れせようと意識して、一歩外に出るから触れ合えます。
自然がすべてを教えてくれるという意識が、幼い子どもを育てるときにあるのは立派だなぁと思います。

しょうちゃん2

子どもが自分からしたくなるように誘う、

娘の旦那さんも、ごく自然に、

自然の中に連れて行ってくれるので、娘も自然に慣れ親しんでいるようです。

ありがたいですね~。

素晴らしいです!!(大拍手)

弥栄 弥栄



2017/08/19

あい川保育園に行かせていただきました。

今日は、出雲市斐川町のあい川保育園に

2.3歳児の親子クッキングでお邪魔させていただきました。

今回は、おやつメニューということで、

南瓜クレープ、ゴーヤのカレーチップス、りんご寒天、たたききゅうり。

保育担当の先生方が積極的に試作を作ってメニューを決められたそうですよ。

ゴーヤチップスが子どもに人気ということで、どんな味なのか興味津々。

前日にゴーヤを半月で薄切りにし(少し厚め)塩水にさらしておくことがポイント!

ゴーヤの水を切り、片栗粉とカレー粉を合わせ、ゴーヤにまぶして

フライパンに油をひいて炒めて出来上がり。(カレー粉はゴーヤ1本に1g程度)

厚みがある柔らかめの食感が良く、苦味はほとんどありませんでした。

子どもたちがパクパク美味しそうにゴーヤを食べていましたよ。

りんご寒天は、りんごジュースを水で薄めてあるので、

赤い皮つきりんごの薄切りの味がより引き立って、あっさり食べられました。

クレープは、ホットケーキミックスに南瓜の茹でてつぶしたものを混ぜて緩めに溶き

ホットプレートで薄焼きにして、南瓜を皮付きで1cm角に切って炒めて砂糖を絡めたものを

ホイップした生クリームと一緒にクレープ生地に包んで、冷蔵庫で冷やして食べました。

たたききゅうりの時に、子どもたちも参加して一緒に作っておられましたよ。

ビニール袋を二重にしてきゅうりを2本いれて、すりこぎでたたきます。

一口大にほぐれたら、塩、ごま油、すりごまを入れてモミモミして出来上がり。

包丁で切らなくても、いい感じに一口大にほぐれてとっても簡単。

すぐ家に帰ってお料理できる簡単メニューでしたから、

ゴーヤチップスもチャレンジされたのではないかなと思います。

私も、ゴーヤ、さっそく今夜塩水にさらしておこうと思います。

あい川保育園でたくさんお土産をいただきましたよ!

あいかわ2

福泉堂の季節限定の大福も。(パイナップルとブルーベリー)

だいふく

いつも愛がいっぱい、たくさんのお土産をいただきます。

本当にいつもご親切にしていただき、感謝です。

また、次回11月に0.1歳児のクッキングでお邪魔致します。

弥栄 弥栄






2017/07/12

これはいい本です!!

この本は、すごく納得いく内容の本です。

いい本2

読み応えがあり、ひとつひとつ答え合わせができますね。

月刊 クーヨン 2017 6月号

脳が育つ食べ方って?

特集 腸と脳はつながっている!

いい本3

理想の発酵菌を求め空気と水のきれいな場所、鳥取県智頭町にこられて

子育てをしながら、パン屋「タルマーリー」を営む渡邉さんご夫婦の記事。

いい本4

これは大事ですね。

よい腸内細菌をつくるのは「食べるもの」だけではない。

家族の雰囲気や、たのしんで食べているかどうかがとても重要だということも書いてあります。

そうですよ!私が伝えたかったことです。

どんな年齢の方にも、ぜひご覧いただきたい本ですね。

ちなみに、

クーヨン8月号の特集は、「考える子ども」に育つ です。

甘酒とお豆腐で作るアイスクリームも紹介されていますよ!

クーヨン8月号

あまざけアイス

材料を全部フードプロセッサーで混ぜて、冷やすだけです。

美味しそうですね!

明日13日は、出雲市立稗原幼稚園に食育講演で伺います。

弥栄 弥栄



2017/07/11

今日は、県立島根中央高校に行かせていただきました。

今日は、島根中央高校の1年生の皆さんに、

食育のお話を聴いていただきました。

次男と同級生になるのでね~、よけい身近に感じられます。

熱中症になる人もあるとのことでしたので、

その予防にも、朝ごはんを食べることが大事ですというお話をしました。

「お米のごはんとお味噌汁」

発酵食品、適塩、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、水分補給、、、

あらゆる理由で、朝のご飯と味噌汁は熱中症予防にも最高の食事です。

昔の人の「知恵」はすごいですね!

自分でご飯を炊いて、自分で出汁をとって味噌汁を作ることを

巣立つ前に、しっかり身につけて欲しいですね。

・・・・・・・・・・

家の玄関先に咲いている赤いペチュニアの花。

だいぶ伸びてきたので、切り戻して、

きれいに咲いている花は、飾りました。

ぺちゅにあ

お花もお野菜も、生きている「いのち」そのものですよね。

その「いのち」、大事にしたいですね。

弥栄 弥栄

2017/07/10

「やせたいひと」の健康食生活

私って、本当にやせたいって思ってなかったかもしれません。

長女のさおりが1年かけて10キロ痩せたのは、

施設の先生方が、確実に、結果を出すために取り組んでくださった

その真剣に「やせる」を目的にしてくださったおかげでした。

ミキの栄養補助食品についても、

お腹いっぱい食事をした後に、

食物繊維を食べても、「食欲」の抑制には働きませんよね。

では、きっちり食前15分は前に食物繊維は食べる必要がありました。

私自身の取り組み方は、やせることに真剣さが足りませんでしたね。

反省です、、、。

この本を読みながら、研究しながら、取り組んでみます。

いい本

寝る時間も、早く寝れる時は早く寝るようにしてみましょう。

本当にやりたいことなら、結果を楽しみに、変われるはずです。

本当にやりたいことですか?と自分に訊いてみました。

自分がやりたいことで、変われるよう、挑戦しようと思います。

運動のしすぎで、足が痛くなったりね~、そんな無理はしませんよ(笑)

結果を楽しみにして、やってみます♪

弥栄 弥栄



オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。