2017/04/12

母親として、想いを込めて手紙を書きました。

高校に入学した次男が、入学前に私に手紙を書いてくれました。

感謝が文面にいっぱい溢れていました。

ありがたかった、嬉しかったですね~。

それで、

中学の卒業式も、高校の入学式も終わって、

私も惇裕に心を込めて、今日、手紙を書きました。

どんな便箋にしようかといろいろお店で選んで、

越前和紙を使った、枝垂れ桜の淡いピンクの便箋にしました。

書こうと思うと、いろいろなことが思い出されて、どんどん涙が溢れてきます、、、。

なかなか書き始められませんでしたけど、

「惇裕へ」と書き出すと、気持ちがすらすら文字になって出てきましたよ。

想いを手紙にして、息子に伝えることができて、ほっとしました。

便箋、6枚になっていました、、、。

喜んでくれたかな~。

今日は、そのことだけに時間を使った一日でした。

我が家の玄関先のお花たちも、イキイキ元気に咲いてくれています。

4月11日

お花たちがニコニコ笑ってくれているように見えるから、お花大好きなんです。

きれいに咲いてくれて、本当にありがとう!

弥栄 弥栄







オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。