2015/03/07

終了、手放す、ということなしに復活はない!

また別の【毎日が奇跡】今日のメッセージメルマガに

~再生と復活~ということが紹介されていました。

昨日は満月

まさに、再生と復活のタイミング。

3月は、冬のあいだに溜め込んだものを手放し、内面を清め、外へ出て行く準備を始めるタイミングでもあります。

再生と復活、と聞くと生まれ変わり、刷新するというイメージが先行しますが

その前に、一旦まず終了するというステップがあります。

終了、手放す、ということなしに復活はありません。

「終了、手放す」は、永遠の別れというわけではありません。

一旦終わらせたとしても、次にまた新しい関係性を築いていくことも可能です。

終わりを悲しむのではなく、新たなステップとして、

顔を上げて、明るく手を振り、一歩先へと歩みを進めていきましょう。

・・・・・・・・・・・

納得の内容でした~♪

彌榮 彌榮

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。