今日は中学校の家庭訪問でした~!

2015/ 04/ 28
                 
今日は、中学2年生の息子の家庭訪問でした。

今度の担任の先生(女性)は、誰からも「いい先生だよ~」と聞いていたので、

どんなところが人気なのかな~?と思いながら、お待ちしていましたよ。

何があっても動じない!受け止めますよという感じで、腹がすわっておられます。

心に余裕があるというか、安心感がありますね~。

一人一人の生徒をよ~く観察して、心を読み取ろうとしてくださっているのが分かる感じがします。

中学2年という、一番難しい思春期の一年間ですが、その子その子の心に届く言葉を選んでいただける気がします。

これから1年間、どうぞよろしくお願いいたします。


・・・・・・・・


4月中旬に、私の姉夫婦が友人と沖縄の大石林山(←ここをクリック)に行ってきたんです。

以前、精神科医の越智啓子さんのご講演を聞いた時に、この大石林山(だいせきりんざん)の話をされて

1回行ってみたいと言っていたのと、沖縄在住の友人とも一緒に行きたいという話になって実現したようです。

すてきな光の写真を送ってくれましたよ。

これです!

すごい光だね!

きれいな虹色の光ですね~。

そして、これは、ハート型にくり抜いたように見える雲ですね。

ハートだね~

人間の脳は、見ようとするものだけが見えて、あとは排除するという機能があるらしいのです。

そうですよね、手紙を出そうとする人にだけポストが見えるといいますし

この車を買おう!と決めたとたんにその車ばっかり目に入ってくる…。

嫌なところ、できないところ、問題点ばかりに意識が向くと、どんどん気持ちが沈んでしまいます。

自分は役に立っている、喜ばれる存在である、私は私が大好き!という自己肯定感があれば

見るもの、未来に対してイメージすることも、自分にとって良いことしか起こらない!という肯定的な意識で

腹が据わった、安定した物の見え方、生き方ができるのではないでしょうかね。

今夜の先生方の研修にも、少しそんな話もできたらいいなと思います。

彌榮 彌榮







                 

コメント