2015/05/10

「万華鏡」は日本一のあじさいです!

今日は、母の日。

娘夫婦から、あじさいのお花「万華鏡」をプレゼントしてもらいました。

わざわざ出雲からふたり揃って届けに来てくれてね~、

いつもその優しい気持ちがありがたい。

この「万華鏡」という品種のあじさいは、なんと!

万華鏡

娘の旦那様が勤めている、島根県農業技術センターで育成した、島根県オリジナル品種なんですよ。

新品種コンテスト「ジャパンフラワーセレクション2012~2013」鉢物部門で

「フラワー・オブ・ザ・イヤー」(最優秀賞)、つまり日本一を受賞した、すごいお花なのです。

種苗メーカーや個人育種家の出品が多くを占める中、島根県の公設研究機関が育成した品種が日本一を受賞するのは初めての快挙らしいのです。

本家本元、島根県農業技術センター勤務の娘の旦那様ですからね~、すごいことなのね~島根県オリジナル品種で日本一になるなんてね~。

色がグラデーションに変化する

花の色がグラデーションに変化するらしいです。

メッセージもつけてくれて、超うれしい言葉が書いてありました~。

花が終わったら、すぐに株元から2節、4枚の葉を残して剪定し、地植えにするか、植木鉢なら9月中旬ころに、一回り大きい鉢に植えかえるといいようですよ。

青色の鉢植えの土の割合は、ピートモス40%、赤玉土30%、パーライト20%、腐葉土10%で混ぜ合わせるといいそうです。

ちなみに、ピンク色の場合は、ピートモス60%、パーライト20%、腐葉土20%の割合の土にして鉢植えするといいそうです。

今日、娘の旦那様が職場で水やりをしている時に、1つ見つけた四葉のクローバーも大事に持ってきてくれました。

生き返ったね~

車の中が暑かったから、移動中にちょっとしおれていたけど、水切りしたら元気になりました!

いつもありがとうね~。

彌榮 彌榮



コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。