2015/06/13

出雲市斐川町の東部保育園に行かせていただきました。

今日は、出雲市斐川町にある東部保育園に食育講演で行かせていただきました。

6月の第2土曜日は、いろいろな保育園から食育講演の依頼が一番多かった日です。

園長先生のお宅で咲いたあじさいを飾ってくださっていましたよ!

あじさいがきれいです

鉢で買ったあじさいを地植えにされて、きれいに咲かせられたんだそうです。

色が鮮やかできれいですね~!

金魚草

我が家にも咲いている金魚草ですが、赤い花は珍しいんじゃないでしょうか?

これも園長先生のお宅のお花だそうですよ~!すてき~!

職員室のテーブルの上には、さすが斐川町ならではの

銅鐸

この花瓶に見える器は、銅鐸(どうたく)で、すっごく重たいです。陶器ではありません。

手のひらに乗るサイズで、小さな紫陽花は、島根オリジナル品種の「万華鏡」

鉢から地植えにされて、今年初めて咲いた貴重な初咲きの万華鏡を生けてくださっていました。

食育講演では、

言葉のかけ方、自分で自分を褒めることの大切さ、乳幼児期は、模倣の時代なので

「笑顔」でいることの大切さをお話しました。

子どもの機嫌を取るために、お菓子やジュースを買い与えてしまう生活習慣は

知らず知らずのうちに、子どもの心までイラつかせ、体調を崩す原因を作っていますよ。

乳幼児期は、夜寝る時間は9時までに寝かせて欲しいですとお話しました。

すると

野菜もあまり食べないのに、快便だという子どもさんの寝る時間を尋ねると

やはり、9時には寝て、朝6時に起きていますと言われていました。

やっぱりね~、早寝早起きは健康の基礎だなぁとつくづく思いましたね!

寝る時間が遅いと、体温も低くなる傾向にありますから、早く寝ることは大事です。

脳が健やかに育つためにも寝る時間は重要ですからね~。

若々しいお肌でいるためにも、寝る時間は大事ですよね~。

彌榮 彌榮




コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。