「食源病」と「医源病」

2015/ 07/ 14
                 
けさの「GoldenCelebからの幸せを引き寄せるラッキーハッピー幸せナビゲーション」メルマガで、

医学博士の川嶋朗氏の著「医者が患者に知られたくない治療の真実」きこ書房

この本の内容が紹介されていました。

「医源病」

不必要だとわかっていながら、過剰検査、過剰医療、薬の投与が行われている。

薬は人間の自然治癒力を奪う…

先日の、心身機能活性運動療法士の研修の時にも当然その話はありました。

「食源病」

食べたものが原因で起こる病気のことです。

生活習慣病といわれるガン、脳疾患、糖尿病、高血圧、心臓病、うつ、痛風、動脈硬化、不整脈、胃潰瘍、神経痛、リウマチ、喘息、アトピー、便秘、、、、、、、、いっぱいありすぎて書ききれませんが

食の欧米化、毎日の食習慣が原因になって起こるため、医療だけで改善することができない病気です。

だから、日々の食事の改善方法を「食」の専門家ではない医師に全面的に委ねる、食のことまで教えてもらえると思うのはおかしいことではないでしょうかね?

「医源病」もある、これが現実です。

一緒に学びましょう。

彌榮 彌榮





                 

コメント