2015/08/25

縁結びのお箸を買いに出雲大社へ

8月30日(日)の江津セミナーに来られる講師の先生方に

島根に来てよかった~と喜んでいただきたいので、お土産に

「縁結びのお箸」を出雲大社にある「ひらの屋」(←ここをクリック)さんに買いに行きました。

無料で名入れしていただけるので、お願いしました。

その待ち時間で、店内をいろいろ見ていたら

ふくろうの絵柄の意味について書いてありました。

ふくろうは、暗いところでも目が効くことから、未来を予見するという意味がありますと。

そういえば

孫のしょういちろうくんが、まだお腹にできるかできないかくらいの時に

婿が夢を見て「しょう」という音がおりてきて

時を同じくして、娘が夢で自分の息子と思われる男の子の胸の名札に

「しょういちろう」と書いてある夢を見て、即、しょういちろうという名前に決めたのです。

しかも、「ふくましょういちろう」の初めと終わりで「ふくろう」

なんだか「未来を予見する能力」がありそうです。

そしてもう一つ

今、娘たち夫婦は県職員宿舎に住んでいるのですが

前にその部屋に住んでおられたご家族が、なぜか置いて出られたのれんの柄が

「ふくろう」だったのですよね、今から思えばつながってますね~。

ふくろうは、「不苦労」でもありますからね、ありがたい。

弥栄 弥栄

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。