2015/09/02

スペックとベネフィットの違いとは?

昨日の「魂が震える話」メルマガに

伝え方について書いてありました。

「私は目が見えません」と伝えるか

「春はまもなくやってきます。でも、私はそれを見ることができません」と伝えるか?

スペックとは、特徴。

例えば、一眼レフカメラだったら、画素数がいくらだとか、連写スピードがどうだとかという内容説明、特徴のこと。

ベネフィットとは、そのものから得られるメリットや満足感のこと。

デジタル一眼レフカメラだったら

「キレイな思い出をキレイに残す」とか

「プロがうらやむカメラ」とか、「これを持っているだけでヒーローになれる」とか。

「私は、目が見えません」は説明ですね。

だから、どうしたのか…ということで、心が動くのです。

これを選ぶことによって、課題や悩みに対する解決策が得られる、満足やメリットを伝えることが重要だということですね~。

自分はこう思うという、感じたものを伝えるときに必要なのが、「信用」なのだと思います。

その信用は、相手の方が喜んでくださることを根本におくこと、約束を守ることなどが基準ですかね。

特徴の説明だけでは、人の心を動かせないという意味がわかってスッキリしました!

弥栄 弥栄 

















コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。