2015/11/17

雲南市のかもめ保育園に食育講演で伺いました!

今日は、雲南市のかもめ保育園で、4~5才児の親子クッキングをされるということで

今年は、講演のみで行かせていただきました。

今回は、米粉パンを親子で作るというクッキングです!

みんなよくこねて、こねて、こねて、頑張ってましたよ~。

粘土細工のように、いろいろな形に作ってから

発酵させている間に、食育のおはなしを15分、4~5才児さんにお話しました。

昨年、4才児さんにはお話しましたから、覚えていてくれて嬉しかったですね。

子どもさんたちが退場したあと、お母様方に食べることの大切さをお話させていただきました。

こんな感じに焼けましたよ~。

パン

かわいいでしょう!お母さんと一緒に、みんないろんな形を考えて作っておられました。

パンだよ!

微笑ましい、微笑ましい

うちの子たちも、こんな幼い時があったなぁ…なんて思いながら見てました(笑)

米粉パンは、ふっくらもちもちして、ほんと美味しかったですね~。

おゆうぎ室で、親子みんなで広い輪になって座って一緒にいただきました。

笑顔で会話が弾む、弾む!!

本当に心を込めて作った米粉パンは、美味しかったです。

マーガリンではなく、ちゃんと「バター」を使って、自然塩やお砂糖もいいものを選んで、

米粉も地元のもので、食材もいいものを使ってくださっていましたよ。

いつも笑顔の調理の先生方には、毎年、本当に頭が下がりますね~。

今年もまた、いい体験をさせていただきました。

ありがとうございました。

明日は、益田市のジャストホールで、午後1時~ペガサス勉強会があり、上級食育指導士としてお話させていただきます。

弥栄 弥栄

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。