思考が現実化します!気をつけましょう。

2015/ 11/ 18
                 
今朝のメルマガにも書いてありましたが、

「思考が現実化する!」ということの重要性を知っていることは大事なことですよね!

だから、今、自分が何を考えているのか?ということが重要なのです。

この「何を考えるか」という、思考が健全な方向になるには

「健全な精神は、健全な肉体に宿る」

健全な肉体を意識しないといけませんよね~。

体の調子、頭(思考)の調子は、体に栄養が足らないとマイナスに向きやすいということ。

また、「間違ったらすぐ謝る」

できるだけすぐ謝ると大抵のことは許されますから!と

先日の矢野照美先生のセミナーでも言われていました。

ずいぶん昔、松下政経塾の上甲晃先生も

相手が95%悪くて、自分が5%しか悪くないと思うような時でも

相手がたとえ5歳の子どもであっても、

「申し訳なかった」と、自分からまず謝れる人でなければいけない

と言われた言葉が鮮明に私の心に残っています。

矢野先生が、

「山口さんは、思ったことが現実になる力が強いので、自覚しておきましょう」

言われていましたね~。

自覚する、意識すると、その方向に現実がバッ!!と変わってきますから、本当に不思議です。

手紙をポストに入れたいと思っただけで、ポストを探し始めますからね~。

この車を新しく買おう!と思った瞬間から、その車ばっかり目に入ってくるものです。

すべて、自分から始まっています。

自分から引き寄せています。

恩を感じる心があっての「感謝」ですからね~。

恩を感じるためには、その受け皿の「健全な肉体」が必要なのです。

弥栄 弥栄







                 

コメント