2015/11/27

困ったことが起こったと思うか、思わないか。

今朝の「人の心に灯をともす」メルマガに

同じ出来事が起こっても、それを困ったことが起こったと思うか?思わないか?

ただ、その違いがあるだけ、、、

ということが書いてありました。

ほんと、私がそれを困ったことだと思っただけで、これを困ったと思わない人もいるのですよね~。

「困る」の感情を選ぶか?「困っていない」という感情を選ぶか?

それはこちらの自由に任されているのですよね~。

じゃあ、「困ってない」を選んでみますかね。

あれもできているし、これもあるし、今、生きられてる。

あれ?それほど困ってないのかぁ、、、と、困っていないことに意識が向けば、すごく気持ちが楽になりますね。


困ったなぁと思う、足らないと思う、嫌だなぁと思う…

いつも困った方に意識が向いていたら、そっちを見てはいけませんよ~!と神様が見えづらくしてくださるのかもしれませんね。

違うよ、そっちは見てはいけません、そんなに見ようとするのなら、シャッターを下ろしますよ!と親切に見えにくくしてくださるのかもしれません。

では、その反対に、もっと見たほうがいいという方向に意識が向けば、どんどん鮮明に見えるようにしてくださるんじゃないかなぁ、そんなことを感じましたね~。

いろいろ気づかせてもらえるって、本当にありがたいですね~。

弥栄 弥栄







コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。