2015/12/01

これを開けたら息子が喜ぶよ!と思いながら…

「食料、送って欲しいなぁ~」と山口県の大学の寮にいる長男が言うので

今日、ダンボール箱にいろいろ入れて荷作りをしました。

おばあちゃんも、「ともに荷物を送るなら、これも入れちゃって!」と頂き物のお菓子とか持ってきました。

みかんも入れちゃるかな~とか。

以前、インターネットでいろいろ食べ物を長男のところへ直送してもらったことがあったのですが

あんまり喜ばなかったようだったので、それからは、インターネットでは送らないことにしました。

やっぱり、お母さんがあれやこれやと選んでダンボールに詰めて送ってくれた「愛」

そこが嬉しいんだもんね~。

お料理も一緒で、喜ぶ顔を思いながら作るから余計美味しくできるんですよね~。

一人暮らしなら、自分の体、魂が喜ぶよ~と思いながら作って、喜んで食べる!。

目の前の人、家族、親、兄弟、姉妹、自分、誰かが喜ぶことを今日、何かしましょう!!

誰か、この人を喜ばせたいと思って行動する、

それが、今、この一瞬一瞬の幸せを大きくするんだなぁと思いますね。

喜ばせたいと思うと、喜ばせる事ばっかり考えるので、自分がまず喜んで笑顔になってきます。

人も喜び、自分も喜ぶ、まさに一石二鳥ですよ!

この荷物、息子が開けたら喜ぶで~!(笑)

弥栄 弥栄





コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。