娘が嫁いだ諏訪神社の年越し!

2016/ 01/ 03
                 
娘が嫁いだ出雲市斐川町の諏訪神社も、年越しでしたよ。

去年の年越しは、娘がつわりの時期で、体調が思わしくなくてね。

お嫁いりして初めての神社での年越しでなれないこともあったでしょうしね~。

今年の年越しは章一郎くんもいて、嬉しい年越しだったと思います。

1月1日

章一郎くんもお父さんとお揃いのお着物かな?

1月1日すわ


着物を着る機会の多い環境ですから、あれこれ持たせた着物も出番があって喜んでいることでしょう。

娘は、自分で着物を着れるのです、美容専門で学んだことも役立ってますね。

年越し

竹灯篭に火を灯し、松明(たいまつ)にも火を絶やさないように一晩中、かがり火を燃やし続けるのだそうですよ。

1月1日2

娘の旦那様が炎を写真に撮ったら、炎の先に雷(イナズマ)のような光が写っていましたって。

神とつながる

火、炎というのは、宇宙、神とつながる神聖なものなんでしょうね~。

ありがたい、ありがたい。

弥栄 弥栄









                 

コメント