2016/01/08

「興味ないです!」と手放してみる。

今までなら、会話の中で私は興味ないなぁと思うことを質問されたり、

○○さんはすごいですよね~とか、あの方はお名前どう言われるんですかね~?と尋ねられたりした時には、

私がわからなければ、誰かに聞いてお応えしていたり…一般的には「親切」な人だったと思うのです。

今までの私はね。(自分で言ってるだけですけど(笑))

でも、昨日、あることで質問された時に

「興味ありません!」ときっぱり言ってみたのです。

自分の中では、言い放った!という感覚です(笑)

これからの時代は、専門性が求められると言われるのですから

興味のないことは「興味ありません」と手放すことも大事な気がしますね~。

手放すからこそ、

興味のある、専門性の高い情報が明確に見えてくる、聞こえてくるように感じますね。

それが、自分で「自分が求めていること」に気づくことになっていくのでしょうね。

今までは、口に出さないことが多かったのでね…

これからは、言葉にして伝えますね~!

失うことを恐れない生き方もいいですね~。

人を変えることはできませんから、

変わらない、変わらない、、と嘆くことなく

まず自分を変えることに意識を向けていきたいと思います。

昨日の靴は、お気に入りだったので、手放さず、修理して蘇生させました!

必要か、必要でないかを決めるのは、「自分」ですからね~。

弥栄 弥栄









コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。