2016/01/14

104歳と103歳の対談、素晴らしかったです!

NHKの番組で、104歳の日野原重明さんと、103歳の篠田桃紅(とうこう)さんの対談番組を見ました。

少し前に放映されたのですが、見ていなかったので、今夜再放送がありますと智子さんが教えてくださったので

夜12時から、Eテレで再放送を見ることができました。

感激しましたよ~!!

日野原先生は存じ上げているのですが、篠田桃紅さんという、日本で現役最高齢の美術家の女性を初めて知りました。

発言が、すべてハッキリ言い切られる、意志がはっきりされていることが心地よかったですね~。

日野原先生は、10年先まで計画を立てる、篠田さんは、その日暮しで、計画を立てないという、

まったく正反対の生き方のように言われていましたが、同じものをビシビシ感じました。

お二人共、「今から始めることを恐れない」

若い人がやりたいことが見つからないというのは、老いたる人の責任。

老人を見て、ああいうのをいいなぁと思ってくれない、

「そこですね、原因は!」と言い切られる潔さ。

人のせいにしない、今からでも遅くない、始めようとする「勢い」「生命力」をものすごく感じましたね。

命を与えていただいているのだから、世界でだれも同じ人はいない、このかけがえのない自分の命を

自分のためだけに使うのでなく、誰かの為に使いなさいというメッセージが

ビシビシ伝わってきましたね~。

生き様で見せる!!

104歳と103歳の対談、素晴らしかったです!

再放送があるって、教えてくださって

智子さん、ありがとうございました。

今日も、益田のペガサス勉強会で、みなさんにお会いしてきま~す!

弥栄 弥栄

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。