2016/01/25

ムダな体験はない、いかに「ネタ」にできるかですからね!

今朝の「魂が震える話」のメルマガに

ムダな体験はないという話が書いてありました。

平本あきおさんが、ホームレスになってしまったときに、落ち込むことなく

いかにしてこの体験を成功に至る美談にできるかを考えてワクワクしていたとのこと。

・・・・・・・

どうしたらいいのか…と途方に暮れるようなつらい毎日を送っている時に

待てよ??!

今のこのつらい毎日の体験を、どう楽しめるのかな?

乗り越えた先に、今のしんどさをどう「ネタ」にできるかな?

今だからこそできる、本気の生き延びるための「知恵」や「工夫」は今しかできないんだよね!

明るく、楽しい気持ちで「知恵」を見つけられるか?

そう思って、いろいろなことに立ち向かおうとすると、

これがけっこう楽しめるものなんですよ!!

早くこのつらさから逃げ出したいという「逃げ」の精神は、追われるだけです。

「逆手に取る」「逆転の発想」

お金があるとき、ものが揃っているとき、楽々できる時は、何も疑問にも思わず、変わらない。

でも、思い通りにならない時だからこそ、今までのやり方を変えざるを得ないという

知恵を絞って行動を変えられる、

絶好のチャ~ンス!!!(笑)

いいですね~。

そこにも、ここにも…あそこにも。。。。

「知恵の花」咲いてました!!

すごい!!(笑)

(山口さんは、なんでもできるなんて思わないでくださいよ~けっこう知恵絞って、乗り越えて生きてますから)

(思ってないかぁ~アハハ~

自分で自分を誉めてやらなくちゃね~!

弥栄 弥栄





コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。