2016/01/29

やっぱりルーティーンはいいですね~。

今日は、浅利コミュニティーセンターで9:30から高齢者の皆様に

「健康でいられる生活習慣」のお話をさせていただきました。

今日は、口から出すことの生活習慣と、口に入れるものの生活習慣のお話です!

「出入り口」と言われるように、まず「出す」ことに意識を向けることです。

出す、口から出すものは「言葉」ですよね~。

呼吸で息も出していますから、呼吸もゆっくり吐くことを意識するといいですよね。

どんな言葉がいいか?というお話です。

そして、体から出てくる大きな便りとは?

そう、大便(うんち)ですよね~。

腸内細菌の善玉菌の方が増える食生活にすると、黄金色のふわっとしたある程度の太さの便が出ますよね~。

まさに、「大きな便り」で教えてくれているのです。

朝は、早く起きる、6時には起きましょうよね~!

朝ごはんは、ご飯とお味噌汁がまずあることが一番です!!

いい生活習慣は、ルーティーンのように毎日繰り返すと健康になり、元気になってきますから大事です。

私のルーティーンは、食育講演をして、皆様に話を聞いていただくと元気になりますね~!

今日は西、明日は東…と、食育講演でいろいろな場所へ伺いますが、これが私のルーティーン。

これで体が慣れているので、逆に閑古鳥が鳴くようなスケジュールだと元気がなくなってきます。

自分が、求められている存在だと確認できるから、元気が出るのかもしれませんね~!

ありがたいことです。

昨夜は、アスプリも飲んで寝たので、今朝はバッチリ元気復活!

元気に皆様の前に立ってお話させていただくことができました。

たまに疲れが出たり、調子が崩れると、栄養を補助できる食品があることがよけいありがたく感じますね。

しっかり栄養補助食品を食べて、体調を整えて

明日は、あい川保育園の皆様にお会いしたいと思います。

弥栄 弥栄

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。