2016/02/05

まず「リスク」から考えるのをやめる!

何か今までしたことがないことをしようかな?と思うとき

したことで起こるかも知れない「リスク」を一番先に考えてしまうのは、

性格だとはいっても、人生がなんだかつまらないですよね~。

以前の私は、まず「リスク」「マイナス」を考えるような人でしたよ。

だから、いつも楽しくないから、「~しないといけない」という口癖でしたね。

こういう人と話をすると楽しくないです(笑)

リスクとは、損害を受ける可能性、危険性のこと。

行動することで、自分が被害にあったり、損害を受けるであろう可能性のこと。

~になるのではないかという、まだ被害もないのに、損害を受けるかも…と思い描いてしまう。

実際にそうなっていないのに、そうなるかもしれないとマイナスに考えて挑戦しない…

この思考の習慣、口癖は、真似されたら困りますよね~。

お友達になりたくないタイプです(笑)

~にならないようにしようという考え方は、なりたくないイメージを頭の中で思い描く癖ですから、

つまらない、楽しくない、ワクワクしない、リスク優先型の人生ですよね~。

人生は、今しか感じることはできないですから、楽しいことを考える癖をつけると

顔つきが変わって、にこやかな人相になってきますよね~。

まず「リスク」から考えるのはやめて、

まず「楽しむ」「喜ぶ」「ありがたいと思う」ことを先に考えたいですね~。

矢野先生もいつも言われていますよね、

世の中には、プラスの言葉も、マイナスの言葉もあるけれど

プラスの言葉しか取らん、使わん!と決めると、見えるものが変わってきますと。

そうそう、決めたらいいんですよね!

決めたら、すごいリスクの心配をされたり、マイナスの言葉を言われても

まったく(?)動揺しなくなりますから、

私も強くなったものだ(笑)と、自分でも感じています。

ショックが少なくなるのですから、生きていきやすいですよね~。

いいですよ~!!

弥栄 弥栄





コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。