2016/02/14

次男の会話力、凄いですよ~!

先週の土曜日から一週間、孫たちが泊まりに来ていたので、

昨日、出雲に送っていって、今朝はのんびり起きましたよ~!

孫は、今月7ヶ月になるので、そろそろ母体からもらってきた貯蔵鉄もなくなって

突発性発疹など、熱が出たりする時期になるなぁと思っていたら

8日くらいから熱が出て、なんだか続いたりしておりましたよ。

そんなことで、昨日は出雲から帰ってきて、夕方、次男を散髪屋さんに連れて行きました。

うちの長男が江津に帰ってくると必ず行くという「なんこう」という散髪屋さんですが

次男は、ずっと近所の散髪屋さんに行っていたので、ちょっとお兄ちゃんが行ってるところへ変わってみるか!

ということで、初めて「なんこう」に行ってみましたよ。

でも、そこの方々は、神楽でつながりのある方だったようで、初対面の方々だったのに

まぁ~それはもう、10年来の知り合いかな?というくらい、会話が弾む、弾む(笑)

私は、店内の椅子でただ座ってメールしたり、資料を読んだりして、黙って聞いていました。

素晴らしい「会話力」に、脱帽いたしましたよ!

本当に、あっぱれ!!でしたね~。

それで、学校で「おじいちゃん」と呼ばれることもあるのもわかりました(笑)

バレンタインで、娘と次男でスイートポテトを作って、お父さん、おじいちゃん、あかねの旦那さんなど

男性陣にプレゼントしていましたよ。

ポテト

それにしても、子どもたちの「言葉の選び方」をみると、本当にうれしくなります。

相手の方を尊重し、相手の方が知りたい内容を意識して、心が通い合う雰囲気で笑顔で会話をする。

素晴らしいよ~!あっちゃん!!

・・・・・・・・

体が疲れると、それだけで消極的になって、先が明るく考えられなくなることもあると思うのです。

話もしたくない、どこにも出たくない、人にも会いたくない…という雰囲気になりますよね。

だから、疲れないように栄養を補助することや、しっかり夜寝ること、体をいたわること、楽しいことをする…など

本当に大事なことだなぁと思います。 

自然に溢れる笑顔は、健康な体があってこそですよね。

弥栄 弥栄












コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。