2016/03/01

やっぱり、早寝は早起きのもとですね!

先日、出雲市にある嘉村病院の嘉村正徳先生のご講演で

睡眠の大事さを感じてからは、早く寝るようになりました!

私自身も、食育の講演の時に、10時には寝るといいです…と言いながら

でも、なかなか難しいでしょうかね~自分もなかなか早く寝られませんから~と話していました。

中学2年の次男も、あのお話を聞いてから、早く寝るようになっています。

と言っても、今日から期末テストですから、本当は遅くまで勉強するところだとは思うのですが…。

でも、早く寝ることが、記憶するには大事だということがすごく腹入りできたようで、

早く寝るために、早く勉強を開始する、早くお風呂に入るというサイクルに変わってきたようです。

つられて、私も早くなってきましたよ!

主人が、以前からすっごく早く寝る習慣があって、夜8時でも9時でも、パッと就寝。

それを見ながら、健康的ないい習慣だわ~と思いながらも

心では、なんにも考えずにパッと寝れるなんて、男だからできることよね~

女は、食事の片付けとか、いろいろあるから、そんなに簡単には寝られないよね…

と、尊敬の眼差しでは見てなかったんですよね(笑)

ところが、

息子が、講演を聴いて、早く寝ようと行動が変わったら

「えらいなぁ!!」と、こちらまで感化され

私も、早く寝ることを意識するようになりました!(父さん、すみません

だいたい、夜中1時を過ぎて寝ていたのを、12時までには寝るように…

いいや、11時には布団に入って寝られるように、生活を変えようと思います。

お肌もきれいになると思います~(笑)

意識が変われば、3秒で行動が変わりますね~!!

「早く寝ましょう」とみなさんにお話している私が、早く寝ないのはやっぱりいけませんね!

早く寝た息子は、やっぱり私が起こさなくても、今朝、自分で早く起きてきましたわ。

弥栄 弥栄

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。