私が、がっかりする必要はない!

2016/ 03/ 25
                 
何か、ことを進めるときに、期待通りにいかない時…

思わず「がっかり…」という感情になりますよね。

でも、

がっかり…

という感情を選ばなくてもいいはずですよね。

がっかり…を選んだのは自分で、その感情を選ぶ必要はなかったのにね~。

でも、がっかりさせたのは相手で、自分は被害者のように思いますが、

いえいえ、それを「ラッキー!」と捉える人もおられるのですからね。

「ピンチはチャンス!」

うまくいかないからこそ、頭をひねって考えるので、知恵が生まれます。

そうそう

昨日、中学校の離任式のご挨拶の中で、

「苦しいのは登っているからだ!」という言葉がありましたよ。

登っている時、向上しているときは苦しいのです、

だから、今、苦しかったら、それは登っているんだと思って、あきらめないことです!

というご挨拶をされた先生がおられました。

いい言葉だなぁと思いましたね。

また、外国の英語の先生が

今まで、どこの学校にいってもゲストとして扱われて寂しかったけれど、

この学校では「仲間」として温かく迎え入れてくださって、それが本当に嬉しかった、一生忘れません!

と泣きながらご挨拶をされて、初めて見た先生でしたが、こちらももらい泣きしてしまいました。

心からの言葉は、こころに伝わるのだと実感しました~!

がっかりしないで、笑顔で、前を向いていきましょう~!

弥栄 弥栄


                 

コメント