2016/03/25

私が、がっかりする必要はない!

何か、ことを進めるときに、期待通りにいかない時…

思わず「がっかり…」という感情になりますよね。

でも、

がっかり…

という感情を選ばなくてもいいはずですよね。

がっかり…を選んだのは自分で、その感情を選ぶ必要はなかったのにね~。

でも、がっかりさせたのは相手で、自分は被害者のように思いますが、

いえいえ、それを「ラッキー!」と捉える人もおられるのですからね。

「ピンチはチャンス!」

うまくいかないからこそ、頭をひねって考えるので、知恵が生まれます。

そうそう

昨日、中学校の離任式のご挨拶の中で、

「苦しいのは登っているからだ!」という言葉がありましたよ。

登っている時、向上しているときは苦しいのです、

だから、今、苦しかったら、それは登っているんだと思って、あきらめないことです!

というご挨拶をされた先生がおられました。

いい言葉だなぁと思いましたね。

また、外国の英語の先生が

今まで、どこの学校にいってもゲストとして扱われて寂しかったけれど、

この学校では「仲間」として温かく迎え入れてくださって、それが本当に嬉しかった、一生忘れません!

と泣きながらご挨拶をされて、初めて見た先生でしたが、こちらももらい泣きしてしまいました。

心からの言葉は、こころに伝わるのだと実感しました~!

がっかりしないで、笑顔で、前を向いていきましょう~!

弥栄 弥栄


コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。