「  塩分が日本人を滅ぼす」

2016/ 03/ 26
                 
昨日は、会議でいろいろなお話を聞かせていただきました。

管理栄養士で医学博士の本多京子先生の本の紹介がありましたよ。

「   塩分が日本人を滅ぼす」

塩分の前のところが空白になっているのは、ここに「〇〇〇〇塩分」というように、4文字が入るようですが

どんな言葉が入ると思います?

答えは

みえない です。

つまり、食品に含まれる「見えない塩分」のことです。

だから、文字そのものも見えないように空白にしてあるのだとか。

塩だけでなく、砂糖も、

お寿司やソース、あらゆるものに入っている「かくれ砂糖」が怖いと言われていますからね。

見えないものが見えるようになるには、やはり知識が必要ですね~。

昨日の月も綺麗でしたね~!

3月25日

見えるものをどう感じるか?にも、やはり知識があれば幅が広がりますね。

26日土曜日は、浜田の集いです。大阪ラ・サンテのパウンドケーキと紅茶でティータイムもありますよ。

会話も弾む楽しい会になるように企画しました。

あなたのお越しをお待ち申し上げておりますよ~。

弥栄 弥栄



                 

コメント