2016/03/26

「  塩分が日本人を滅ぼす」

昨日は、会議でいろいろなお話を聞かせていただきました。

管理栄養士で医学博士の本多京子先生の本の紹介がありましたよ。

「   塩分が日本人を滅ぼす」

塩分の前のところが空白になっているのは、ここに「〇〇〇〇塩分」というように、4文字が入るようですが

どんな言葉が入ると思います?

答えは

みえない です。

つまり、食品に含まれる「見えない塩分」のことです。

だから、文字そのものも見えないように空白にしてあるのだとか。

塩だけでなく、砂糖も、

お寿司やソース、あらゆるものに入っている「かくれ砂糖」が怖いと言われていますからね。

見えないものが見えるようになるには、やはり知識が必要ですね~。

昨日の月も綺麗でしたね~!

3月25日

見えるものをどう感じるか?にも、やはり知識があれば幅が広がりますね。

26日土曜日は、浜田の集いです。大阪ラ・サンテのパウンドケーキと紅茶でティータイムもありますよ。

会話も弾む楽しい会になるように企画しました。

あなたのお越しをお待ち申し上げておりますよ~。

弥栄 弥栄



コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。