2016/04/08

人に何かを伝えるときは

今朝のめざましテレビを見ていたら

福山雅治さんが出ておられました。

自然体で、ヒューマンな人だなぁといつも感じますね。

ヒューマンとは、そのものズバリ「人間」

そういえば、福山雅治さんは、HUMAN(ヒューマン)というアルバムを出しておられましたね。

個人的には、うちの長男と九星気学の星廻りが同じ方なので

他人のようには思えません(笑)

ちなみに、スケートの織田信成さんとも同じですけど(笑)

(もちろん年齢は違いますよ)

軽部さんとの対談の中で

「人に何かを伝えるときは、自分をさらけ出すこと」

そうお話されていました。

これはよく聞く内容ですが、

生きざまとして、福山雅治さんそのものですから、よけいに心に響きますね。

今の世の中は、隠されたものが表に出てくる時代。

メッキは必ずいつか剥がれ、本物だけが残るという時代ですね。

生き方、意識、本当に大事になってきたんだなぁと実感します。

政治の世界でも、攻撃をしている側だと思ったら、攻撃をされる側になっておられる…

その立場の逆転、変わりようが本当に早いと感じますね。

いいも悪いも、みんな表に出てくる…。

攻撃をしたら、攻撃されるし、奪ったら奪われる。

愛したら愛される。

自分に返ってくることを怖いと感じるのではなく、

愛をみる感じる生活、喜びをみる感じる生活、感謝を見る感じる生活を意識すればいいだけではないですかね~。

矢野先生に教えていただいた「自分が言われてうれしい言葉」の選び方、大事にしたいと思います。

弥栄 弥栄









コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。