2016/05/25

本音からの出発。

一畑薬師で買った「子育てのこころ」

こそだてのこころ

第一章 子育て 母親のあり方という中に

「本音からの出発」という項があります。

何を幸せと考え、何を不幸せと考えるか

一般に、本音と建前があるといいますが

子どもたちが学び取っていくものは、どうごまかそうとしても

「本音」のほうであることを承知しておいてほしいと書いてあります。

そばにいる人間たちの本音のほうを見事に見分けて、それを学び取っていくのですと。

このことを世間では、子どもは親のうしろ姿を見て育つとか、子どもは親の鏡と言っています。

大人が教え込むのではなく、子どもが大人から学び取っていくもの。

だから、

その子どものそばに、

どのような考え方で、どのような生き方をした人間がいるかということが大切なのだと。

どのように子どもに関わるかというテクニックよりも

あなたがた自身が、人間としてどのように生きようとしているか、

何を幸せと考え、何を不幸せと考えているか

このこと自体が、子どもの将来に非常に大きな影響があるのです!と書いてありました。

わかりますね~。

教えるのではなく、学び取るものであるから、

本音の部分(生き方)が一番影響力があるということなのですね。

一畑薬師に行ったのは、これをしっかり腑に落とすためだったようです。

今日、5月25日は、よしえさんのお誕生日です。

おめでとうございます! 

弥栄 弥栄








コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。