2016/06/05

疲れたら、前向きになれないんですね~。

昨日は、出雲市斐川町の荘原(しょうばら)保育園に食育講演に行かせていただきました。

ここの保育園はこの春に新園舎に建て替えになったばかりで、

木の温かみのある園舎になっていますね~。

次女がお嫁に行った先も近くにありますし、うちの主人の実家も荘原ですから

我が家にとっては、大事な故郷です。

何か少しでもお役に立てることを、ありがたいなぁとしみじみ感じました。

園長先生のお宅に咲いている紫陽花。

今年も、きれいに生けてくださっていました。

6月4日

白や水色のがくあじさいは、「墨田の花火」という品種だそうです。

本当にこの旬のお花のように、イキイキとテキパキとされた、明るい笑顔の園長先生ですから

こちらも元気をいただいて、帰りましたよ。

いろいろ保護者の方々にお話をさせていただきましたが、

結局、

「疲れたら、前向きに考えられなくなる」という、シンプルなことですよね~。

疲れをスッキリ取るためにも、栄養が必要ですし、しっかり、ぐっすり寝ることも大事。

「疲れ」は、物の捉え方まで暗くしてしまいますから、

「疲れを取る」

これは、大事なことですね!

弥栄 弥栄



コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。