2016/06/18

「今日はいい日だ」という言葉。

今朝の「人の心に灯をともす」メルマガに、

斎藤一人さんの心に響く言葉が出ていました。

…抜粋して…

玄米菜食や無農薬にこだわる人がいます。

天然のものしか食べない、無農薬のものしか食べない、

すごいことなんですが、

そういう人って、意外と「娘がぜんそくなんです」とか、

「私、ここが悪いんです」とか、具合の悪い人が結構いるんです。

食べているものはすごく良くて、毒性がない、だとしたら

病気になっている最大の問題はなんですか?

じつは、心配症なんです。

だから、農薬以外にも子どものことも心配、将来のことも心配…

そうすると、食べているものは良くても、体の中で余計な物質をどんどん作っちゃう。

心配するのをやめようと思っても、心はどうにもならないんです。

「思い」をなんとかすることはできない、そして体は「思い」に従ってしまう…

でも、「思い」というのは、実は「言葉」に従うんです!

そこで、神様から教わった奇跡を起こす言葉をみなさんに伝授します!!

それは、

「今日はいい日だ」です。

「今日はいい日だ」と何回も言ってみてください、いい日だと思っていなくても言うのです。

そうすると、この言葉に脳が従い、そして、体が従います。

言霊(ことだま)というのは、言った言葉が現実になる作用を持っている。

「今日はいい日だ、今日はいい日だ」と言っていると健康もしあわせも呼び込むと。

・・・・・・・・

なにか嫌だなぁということがあっても、

即、「今日はいい日だ、今日はいい日だ」と、笑顔で言うようにしてみよっと!!

言葉って、ほんと大事ですね。

弥栄 弥栄

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。