2016/09/14

恐れていること、避けたいことについて熱っぽく語ると…

こうなったら嫌だなぁ、困るなぁ、できれば避けたいなぁということばかり思っていたり、

そういうことを熱っぽく語ったりすると

それをずっと引き寄せます。

病気のことばかり語る人は、いつも病気を引き寄せます。

一番強く焦点を合わせているものが、強く現れます。

思いは物質化します。

ブーメランのように、自分が発信した周波数と同じものが自分にもどってくるのです。


・・・・・・・・・・


これは、越智啓子さんの「人生の輝き~内なる光に導かれて生きる~」という本の中の一節です。

この本を読みながら…

批判を発信すれば、批判されるんですからね。

喜びを発信すれば、喜びが返ってきますよね~。

私たち発信するという仕事をする者は、自分が何を発信しているか?

困ったこと、こうなったらいけないんだ!と熱っぽく語っていないか?

こうしたら良かった!と、笑顔で、よかったことを伝える人でありたいと思います。

弥栄 弥栄





コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。