2016/09/17

自分の未来を、過去の常識であきらめないで!

昨日は、サンパレス益田で、植松努さんの講演会(←クリックするとYouTubeで植松さんのお話が見れます)があり、智子さんと参加してきました。

ビジネスプラン(あんの会計)さんの主催です。

「どうせ無理」という言葉を言わないで!

この言葉は、人の自信と可能性を奪う恐ろしい言葉です。

「だったら、こうしてみたら?」と言いながら、やったことがなくて不安でも、

不安の向こうに喜びがあるから、不安に立ち向かって欲しい!!

やったことがないことを、自分だったらどうするか?考えて

やったことがないことをどんどんやっていこう!!

そうしたら、個性が身について必要とされるようになるから!

「必要とされる」この言葉、嬉しかったですね~!

「ちがうはすてき!」

「やったことがないことをやると自信がつく」

「自分の未来を過去の常識であきらめないで」

自分が本当に目指すべき成果というのは、

人より出来たという手柄、人の上に立てたというプライドではなく、

「自身の能力」が身につくということが一番重要なこと。

そして、その能力を使って、社会の役に立つか、人の役に立つかを考えること。

楽をして何もしないでいると、無能になって誰からも必要とされない…。

やったことがないことを、自分だったらどうするか?を考え

人と違うことを恐れずに、どんどん自分の夢を語り

わかってくれる人に出会えるまで、語り続けよう!!というお話を聴いて

そうだ!そうだ!と納得しましたね~。

ご本人にお会いして、直接聴かせていただく

それは、「出会うこと」ですから、ご縁です。

やっぱり心に響きます。

「だったらこうしてみたら?」

どんどん工夫して、不安を乗り越えたらその向こうに喜びがある!!

過去の自分に縛られずに、好きなことを、やりたいことを頑張ってみようと思います!!

弥栄 弥栄



コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。