2016/09/22

「心の眼は温かく」というメッセージ。

昨日は、出雲大社にお参りに行きました。

25日の江津セミナーにお越しいただく先生方のお土産の1つで、

出雲大社の「しあわせの鈴」を買うためでもありました。

出雲大社の本殿の背後に、スサノオノミコトを祀った素鵞社(そがのやしろ)があります。

スサノオノミコトは、大国主の父神と言われています。

出雲大社にお参りしたら、本殿の後ろ(北側)にあるこの素鵞社をお参りすると良いと言われています。

素鵞社の背後の山は、八雲山で、この山自体ご神体なのだそうです。

昔から、目の神様が宿っておられると言われているとか。

昨日も後ろの岩肌に手を当てて、お参りをしたのですが、

いつもは冷たく感じる岩肌が、驚く程とても温かく感じたのです。

これはなんだろう?どういうこと?

「温かさを伝えよ」「温もりを伝えよ」というメッセージのように感じました。

そうして、家に帰って背中に猫さんが乗ってきたら、そのぬくもりがとても心地良い。

何事も「温もり」「あたたかさ」が大切であって

心を込めよ!

ということだったのかなぁと感じました。

そのことを出雲にいる姉に伝えたら

「心の眼は温かく」だよ!といつも諭されているよと教えてくれました。

了解いたしました!!

弥栄 弥栄

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。