2016/12/12

能力を褒めてはいけないって、すごい!

先日、岡山の矢野先生のところで

「能力を褒めてはいけない」というお話がありました。

持って生まれた能力、出来る事を褒めると図に乗る、勘違いをしてしまうのだと。

傲慢な態度になってしまう、上から目線になってしまうのだそうです。

褒めるのは、その人が努力している、その行動に対して褒めることが大切なのだそうです。

なんでもできるとか、~がうまいとか、そういうほめ方はNGなんですね。

これは意識しないと、うっかりやってしまいそうです。

ほめられて調子に乗って、なんでも出来る気になっておだてにのって

ハナタカな態度、完全に上から目線になっている態度は見ていて見苦しいものですが、

自分がやっているときは見えないものですから、

こうして気づかせてもらいながら、自分を改めていかないといけません(汗)

弥栄 弥栄



コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。