2016/12/13

自分が与えたものを受け取るのですね~!

中3の次男は12月11日がお誕生日でした。

日曜日でしたから、12日月曜日に学校に行ったら、

クラスのみんなから、おめでとうの寄せ書きの色紙をプレゼントしてもらったと言うのです。

これまで、お友達のお誕生日に色紙を書いたことはなく、あつひろにだけのようです。

みんなのために一生懸命やってきたこと、やっぱりなにかの形で自分に返ってくるんだなぁ~と

ニヤニヤしながら、色紙の言葉を読んでいました(笑)

それは、私もいつも思います。

与えたものを受け取れるのだと。

人間、水ですよね大部分が。

「水」ですから、与える、流すことが大事で、自分だけでとどめていると水が流れず腐ってしまいます。

自分だけに…という生き方では、周りの人々に与えていないので

周りから本当の感謝は返ってこないんじゃないかなぁと思いますよね。

自分に返ってくるだけでなく、子や孫へとどんどん返ってきますから、壮大です。

流したほど流れてきます。

与えたほど、与えられる。

愛した人は愛されるのでね~。

今朝は、中3の次男が学校の1週間の取り組みの一つで朝食のみそ汁を作るというので、

朝早く起きて、具だくさんのみそ汁を作ってくれました。

やっぱり、自分でやってみると、ごはんを残さずおいしく食べられるようですね。

いいことですね~、たまにはやってほしいな(笑)

弥栄 弥栄



コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。