当たり前のことに感謝できる体質をつくる習慣

2016/ 12/ 24
                 
今朝、起きる時に、

「そうよ!そうだ!そうなんよ!!」

と、ガテンがいったこと、腑に落ちたことがありました。

私は、いつも食育講演のときに

夜、寝る前に自分の体にお礼を言いましょう、小さいことでも自分を褒めましょう、

ありがとう、ありがとうと言いながら、自分の体を撫でましょうね~とお話をしています。

寝る前の時間は睡眠で脳をクリーニングする前の時間なので、

寝る前の時間に何を思うか?感謝を思うことが大事ですとね。

それを毎晩、毎晩繰り返していると、脳はどういうことになるかというと

そうです!

「当たり前のことに感謝ができる体質になるんだ!」と。

感謝とは、何かをしてもらったとき、プレゼントを貰ったとき、誰かに何かをしてもらったときだと思っていたら

してもらえない時も多いので「不満の心」になってしまいませんかね~。

長寿の高齢者の習慣の特徴は

「与える」ことに喜びを感じるという習慣があるとお聞きしたことがあります。

料理をするのも、「与える」ことに喜びを感じる体質になると言われています。

でも、今朝、腑に落ちたのですよ!

寝る前に、自分の体をなでて「ありがとう」という習慣は、

自分が今生きているという、息をしているという、

今、この当たり前のことに感謝ができる、

どんなことにも感謝を思える脳の習慣になるのだと気がついたのです。

嬉しかったですね~!!

太陽が朝出ることも、空気があることも、自分が生きていることにも感謝ができる…

そうしたら、しあわせ、歓びしかありませんよね~。

寝る前に、フローライフを食べて、体にお礼を言って撫でて寝て

朝、

「そうよ!そうだ!そうなんよ!!」と気がついて、目が覚めたんですよね。

今朝は、うれしい朝でした。

毎日やる、これで「習慣」になります。

習慣になれば、「体質」になります。

クリスマスイブ

うれしい、うれしい、プレゼント(笑)でした。

弥栄 弥栄



                 

コメント