2016/12/24

泣けるプレゼントだね~。

我が家は、子どもにクリスマスプレゼントをするという習慣がないので、

ケーキを食べるのと、チキンを食べることで過ぎていくという感じでした。

ところが、

山口県にいる長男が、

「今日、なにか届かなかった?」と連絡してきたのですが、

なんにも来なかったよ~と伝えると、おかしいなぁというのよね。

なに?なに?

次男が宅急便で届いた箱を、冷凍室にすでにいれていて忘れていたそうで、

来てた来てたよ~!!

「オカン、オトン、あつ、じいちゃん、ばあちゃん、さおねえちゃん、みんなで食べてね」と

これを贈ってきてくれてましたよ!

とも2

とも3

レンジで温めると

とも

こんな感じになるらしい。

我が家では、子どもたちにクリスマスプレゼントはない…ということになっているので、

もちろん、今年も子どもたちにはプレゼントを贈ってないのに、

息子から、宅配便で家族みんなで食べてとお菓子を送ってきてくれるなんて、泣かせますね…。

そうしたら、

施設にいる長女は、手作りでフェルトに刺し子でコースターを作って、初めてプレゼントしてくれたんです。

さおり

すごいね~と歓ぶ私を見ながら、次男が考えたんでしょうね…

私が、コーラスから帰ってきたら、

さおり(長女)を入浴させ、洗面所でシャンプーしてドライヤーで乾かして

洗濯物をバッグに入れて、さおりの帰園の準備を次男がしてくれていました。

何かを買うことはできなくても、なにかお母さんの役に立つことで喜ばせようとしてくれたんだね。

みんなどうしたんだ??いい子になって~。

泣かせるじゃあ~りませんか。

次女は、神社つながりで、私が欲しいと言っていた万九千神社の2017年のカレンダーを頂いてくれたしね~。

母さん、すっごく嬉しかったよ~!本当にありがとう。

4人育ててきて、本当によかったよ。

素敵なクリスマスイブだ~。

弥栄 弥栄

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。