ソロコンテストの伴奏者、決まりました!

2017/ 01/ 19
                 
3月27日に東京の国立音楽大学で開かれるコンテストの伴奏してくださる方、決まりました!!

これが、すごい奇跡の連続で、感動のドラマが待っていました!

娘がアメブロで「へっぽこ奥さんの成長日記」というブログを書いていて、

そこに「助けてください」という題で伴奏者を探している内容を書いて拡散をお願いしてくれたのです。

Facebookでも同じように拡散お願いしますと訴えてくれていました。

いろいろ当たって、都合が合わず断られたりして、どうするか…という感じでいた時に

出雲にいる娘が私が拡散してあげるって本当に頑張ってくれました。

その中で、娘が勤めているエステサロンのSさんがお友達に拡散し、またそのお友達が拡散し…ということで、

偶然にもお友達のまた先の…という人脈の中に、

3月27日に東京のコンテストに自分も行きますよという男性に繋がったのです。

東京の大会に、島根県からは中学生はうちの惇裕1人と、

もう一人、中国ユースの広島大会で最優秀賞を取られた

高校3年生の女性だけ参加資格があることになっていたのですから、

あつひろ以外では、唯一島根から出場する生徒さんを指導された先生に偶然にも繋がったのです。

で、その先生のご専門は、うちの惇裕が演奏する「フルート」の先生。

同じ日に同じ会場で伴奏する人が江津の人だから、その人に自分から伴奏を頼んであげましょうということになったのです。

お顔も拝見したのない方なのに、こんなに良くしていただいていいのでしょうか。

ありがたすぎます。

また伴奏者が江津の人というので、またまたびっくり!!

その方は、うちの惇裕がいる江東中学出身の人で、我が家からすごく近所の方だったのです。

伴奏を専門で演奏される方で、もう東京大会に行くことに決まっておられた方でした。

こんなことってありますか?

また、この女性、昭和61年生まれで、星が矢野先生とまったく同じ。

最大吉方に 二黒、八白、七赤を持った方なので、惇裕は本命八白土星ですからね~

とても相性の良いということもわかって、本当に安心しました。

また、その伴奏者のお父さんは私の保育園からの同級生。

おばあさんには、一年に何回かミキプルーンをお届けしている方だったので、

ご自宅に伺うことはあったのですが、お孫さんに当たるその女性には出会ったことはありませんでした。

間を取り持ってくださったフルート奏者の先生は、国立音大卒の方です。

母校ですから、会場にもご案内しますよと言ってくださいました。

うちの主人や息子は、東京の国立音楽大学なんて初めてですから、本当に心強いことです。

いろいろな方とことごとくご縁がつながって、それがまた神がかっていて、

あの人もこの人も、知り合いでつながっていたのぉ?という感動に包まれております。

こんな着地点があるなんて、本当に信じられません。

亡くなった段 千賀子先生が、あちらでたくさんのご縁をつないでくださったのかなぁと思ったり。

みなさんのご親切に心から感動して、感謝しているところです。

娘も思い切って、「※※至急※※ 皆様、情報をお寄せください!」とよくやってくれたものだと感動しています。

私は、ブログを通して「助けてください」と呼びかけるなんて、想像もしませんでしたから、

娘も知恵を絞って、勇気を出して動いてくれたんだなぁと、本当に有難かったです。

行動力、半端ない人たちばかりで、すごい人の中で生きていたこと、改めて知るいい機会でした。

皆様には、いい伴奏者が見つかることを心から祈って下さり、本当にありがとうございました。

この上ない素晴らしい伴奏者にめぐり会うことができました。

お顔も拝見したことのない、たくさんの方々にお力添えをいただき、

私どものために素早く動いていただきました。

その温かい思いで行動していただいたことに、心より、感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

弥栄 弥栄

                 

コメント