2017/02/12

江津(ごうつ)にある星高山(ほしたかやま)の「☆」

私の住んでいる江津(ごうつ)市には、星高山(ほしたかやま)という山があります。

その昔、巨大な隕石が落ちてきたという伝説からそう呼ばれています。

高角山(たかつのやま)とも呼ばれていますけどね。

万葉集で有名な歌人、柿本人麻呂(かきのもとひとまろ)さんも

石見のや 高角山の 木の際(ま)より 我が振る袖を 妹(いも)みつらむか

と、歌に詠んでいます。

ということで、地元ではとても親しまれている山ですが、

その山肌に、星のマークがあって、夏は電気がついて星マークが光るようになっています。

冬は、雪が積もると、星マークが浮かび上がるようになっています。

hosi.jpg

少し雪が降ったくらいがちょうど星マークだけに雪が残って、はっきり見えます。

雪で高速道路が通行止めになったところ(大朝~千代田)もあったようですが、

こちらでは、ときより降る程度で積もらず、今のところ、それほどひどくありません。

このくらいで、終わって欲しいなぁ、、、と思っているところです。

弥栄 弥栄

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。