2017/04/14

「かたこり、かたこり」

今日は金曜日、長女が施設から帰ってきました。

夕食に鶏のから揚げを作ろうと、ビニール袋に鶏肉を入れて下味をつけて、

少し味がしみ込むまで待っているときに、さおりが

「かたこり、かたこり」と言うのです。

「?肩こり?」「さおり、肩凝るの?」と聞いても、きょとんとしています。

??

そうしたら、さおりが、片栗粉の所に行って「かたこり」と言っていますよ。

あー、唐揚げに使う「片栗粉」のことを

「かたこり」と言ってしまったのですね~。

了解、了解。(笑)

さおりさん、これは「か・た・く・り・こです」と言ったら、ちゃんと「かたくりこ」と言えました。

なぜか、すごくにこにこしながら、「かたくりこ」と言ってましたよ。

今まで、「かたこり」という言葉、言ったことなかったので、びっくりしました。

さおりはすごくバストが大きくて、Fカップくらいなので、

お乳が大きいと肩も凝るでしょうね~と担当の先生と話したこともあるので、

本当に「肩こり」があるんじゃないか?と思っちゃいましたが、

そうではなくて、良かったです。

弥栄 弥栄



コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。