2017/05/02

いい人の二重基準

「瑞鳳からスピリチュアルメッセージ」

毎月1日に配信してくださっている、きゅうもん先生のメッセージ。

5月は、《いい人の二重基準》について書かれてありました。

「いい人」は、時に自分のキャパシティを超えてもなお、いい人であろうとする。

「頼まれごとを断れない」

「自分より他人を優先する」

そうすると、そこにつけこむ者が現れ、面倒なことを押し付ける。

犠牲の向こうに、実は知らないうちに

相手や周りからの「支持や賞賛の期待」という打算が働いていることに気がつかない。

時には、相手の思惑に気づきながら、面倒事を引き受けてしまう。

「嫌だと感じつつ引き受ける」のは、自分に対する裏切りだ。

この「自分裏切り」は、時に心身に大きな傷を与えてしまうことがある。

医学的には、「ストレスが原因」の一言で済んでしまうかもしれないが、

しかし、そこにはストレスで言い表せない苦しみがある。

この苦しみは「二重基準」が生み出しているのである。

他人と自分で違う判断基準。

こういう人は、例えば会社の同僚が病気で休んでも非難はしないが、

自分が病気で休むのは許せない。

他人の評価があまりにも気になり、他人が迷惑がることをあまりにも恐れる。

この二重基準は厄介だ。

・・・・・・・・・・・・

自分裏切りにならないように、自分の自発的な気持ちを大事にしますよヽ(*´∀`)ノ

今日は、素敵な雲の流れがたくさん見られましたね。

よく空を見上げましたよ。

5月2日2

5月2日

ひろえさん、今日は我が家にお越しいただき、ありがとうございました!

おかげで、充実した、いい一日になりました。

弥栄 弥栄







コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。