2017/07/09

とてもいい雰囲気で講演会、無事終わりました!

7月8日土曜、JR江津駅前にできた新しい施設、

パレットごうつ2階のホールで、比良松道一先生のサマースタディを開催しました。

私が食育で毎年講演させていただいている、全寮制の愛真高校の先生や生徒さんも

多くご参加くださって、毎日食事を作り、畑や田んぼの農作業もしておられる生徒さんたちが、

自分の学校生活について、誇りに感じたり、さらなる活動の意欲につながったのではないかと感じております。

また、朝ごはんがお菓子だという九州大学の学生さんが、

自炊塾という、比良松先生の実践型授業を受けて、実際に料理ができるようになった様子を

ビフォーアフターのあの住宅リフォーム番組のBGMを使って、

映像で紹介してくださいました。

「子どもは、大人の作った環境に合わせて育つ」

「子どもの時の環境が、大人になって影響する」

知識や価値観なども、会話などから、大人を見て育っているということですから、

大人が、知識を持つこと、みそ汁を作ること、

大人が自分で作る姿を見せ、伝えることが大切ですと言われていました。

私の命は、私だけのものじゃない、

命は、新しいいのちへとバトンタッチしていくもの。

自分のことを自分でする、自分の食べるものを自分で作る知恵を

次の世代に受け渡してくださいと言われていました。

いつも、矢野先生に「自立」が教育の目的と教えていただいていますから、

それをさらに、九州大学の比良松先生から教えていただき、

「子どもが育つ環境の大切さ」「大人の生き方が影響している」ことを

またあらためて実感する時間となりました。

知った情報を、外に向けて発信することよりも、

我が子に、家族に、活かすぞ!とまず思いました。

そして、その体験を通して発信していこうと思っております。

たくさんお越しいただき、心からありがたく、

嬉しかったです。

本当にありがとうございました。

今日は、次男の学校へ吹奏楽部保護者として寮のお掃除してきます!!

ピッカピカにして、気持ちよく合宿できるように場所を整えたいと思います。

弥栄 弥栄







コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。