♡天国度100♡の環境とは?

2017/ 07/ 10
                 
今朝の「人の心に灯をともす」のメルマガに、

小林正観さんの心に響く言葉が出ていました。

(抜粋して)

天国度100の反対は、地獄度100。

地獄度100の状態は、人を恨んだり憎んだりというのをさらに突き抜けて、

孤独地獄。

話し相手がいない。

友人がいない。

仲間が誰もいない状態。

孤独が一番奥にある、最高に悲しくて辛い状態です。

地獄度100状態がわかったら、その対極にある天国度100の状態は?

「良き仲間に囲まれていること」

良き仲間とは、

「喜ばれるように生きている人」

天国度が100というのは、

同じ方向を向いている同じ価値観の仲間に囲まれて生きていることです。

(ここがポイント!)

他人を喜ばせることをせず、

自分の得になることばかり考えていたら人は皆離れていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、天国度100の環境なんだなぁ~とつくづく思いましたね。

私とご縁を結んで下さっている方々、本当にありがとうございます。

自分が喜ぶことはすごく大事です、

でも、そこ止まりで、

人を喜ばせること、人に「ありがとう」を伝えない人は、

人が離れていくということなんでしょうね。

(私の一番近いところに、ありがとうを言わない人がいます、、)

言葉にして伝えることは、やっぱり大事なことです!

子どもたちには、それを母親として伝えて育てたんだなと思います。

反面教師という人が、自分の近くにいる環境は、有難いことなんでしょうが、

あなた、気がついて、「ありがとう」を伝える人になってほしいな(笑)

私は、これからも、「喜ばれるように生きている人でありたい」と意識して生きたいと思います。

弥栄 弥栄

                 

コメント