2017/09/11

根拠のある自信は「張りぼて」の自信。

心屋仁之助さんのこの本、

あっという間に読めました~♪

がんばらない

中古でお安くAmazonで売ってます(笑)

この中で、

根拠のある自信は「張りぼて」の自信、という言葉があります。

「これができる」「あれができる」という、足し算の自信ほど、じつは危うい。

積み上げた実績や結果(根拠)は、いつ崩れるかわからないから。

この根拠が揺らいだ時に、自信喪失してしまいますよね。

「自分」というものは死ぬまで消えない。

つまり、

「自分だから大丈夫」という自信は、

自分が死ぬまで消えない最強の自信ということ。

だから、「根拠のない自信」

自分をただ信じる「自信」これが一番最強なのです。

幸せとは、「結果」とは関係がないのです。

人から認められるための「目標」なんて必要なし!!

成長とは、引き算。

成長とは、許すこと。

・・・・・・・・・・・・

私は、自分の自信のなさ、劣等感を克服する(隠す)ために、

一生懸命、周りから知識や情報をかき集めて、握り締め、

自分自身の体に「張りぼてのように」固めて、武装し、

自分らしくない、作った自分を演じていたんですね~。

今は、「す」をさらけ出せるように、生まれ変わらせていただきましたから、

ありがたいですね~。

見かけより、心は身軽ですよ~(笑)

感謝、感謝です。(^^♪

弥栄 弥栄






コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。