2018/03/07

風穴を開けるのは三碧木星!

私は、九星気学で言うと、本命二黒(じこく)土星です。

傾斜(潜在意識)は、一白水星です。

二黒土星は、母なる大地、耕して作物を育てる柔らかい畑の土。

基盤を作る、上に立つより縁の下の力持ち、陰役の星です。

決断が鈍い、ギリギリになりやすい「グズ」の星とも言われます(笑)

それとは対照的なのが、行動力の星「三碧さんぺき木星」

朝日、上昇、動く、振動、雷、稲妻など、

明るくて行動力抜群という特徴が三碧木星にはあります。

私はS37年2月8日早生まれで、本命二黒土星なので、

同級生はほとんどS36生まれの三碧木星だったわけですよね~。

日盤吉方でも、三碧木星の方位は、物事の風穴を開けることができる

という「吉」「勢い」を頂けるので、

なかなか物事が進まない、難関を突破したいという時には、

三碧木星の方位の吉方を取るとよいと言われます。

三碧木星を象徴する食べ物は、酸味のある食べ物、柑橘類、

グリーンティ、薬草、お茶全般、グリーンサラダ、野菜類ですから、

何か風穴を開けたい!勢いをつけたいという時には、

意識的にそういうものを食べると勢いがつきます!

本命二黒の私は、直接三碧とは星が繋がらず、吉方にはならないので、

三碧の本来の定位置「真東」に、私と繋がる九紫火星が廻座した時に、

日盤吉方で、下にある三碧と上にのる九紫、両方の吉を取ることができます。

三碧は、「若い」という意味もありますから、

真東の吉方を取ると、若い人たちとご縁があるというイメージでいましたが、

今までできなかったこと、壁だと思ってきたことに風穴が開く、突破できる

そういう御利益がある!と思うと、俄然、嬉しくなります!!

なんでも、壁に思わず、挑戦してみる、

避けていたものに宝が眠っている、、かもしれません。

意識を変えるために、「九星気学」を基盤とした座談会を

我が家で4月から月1回、平日に開いてみようと思います。

でも、毎月マックス4人です(笑)早い者勝ち。

九星気学まったく初心者の方でも、そのうちわかるようになります(笑)

三碧木星の方のお力をお借りして、やり始めてみようと思います!

どうぞ、よろしくお願いいたします。

(4月はいつですか?直接お問い合わせください(笑))
11月までの予定を立てましたのでお伝えいたします。

弥栄 弥栄

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。