2018/04/06

社会人一年生、あっぱれ!拍手

今朝早い時間に、長男からLINEがきました。

「今日のお弁当」と写真付きです。

4月2日入社式で、4月3日からずっと作ってるよ!って。

ええええーーーーー????

朝早いのに作ってるの~??

びっくりです。

四葉のクローバー

いい感じに作っていますね~!

偉いもんですね~感心感心。

長男は体育会系で、中学高校とお弁当でしたが、

残して帰ったことがなく、

いつもきれいに食べてくれるのが本当に嬉しかったですね。

それにひきかえ、次男は、中学時代は給食でしたから、

高校になってお弁当になったのですが、

まぁ~手つかずでそのまま持って帰ることも多く、

どれだけ軽視されてるのか、、、とがっかりすることもしばしば。

そんなにお弁当が食べにくいなら、コンビニで簡単なものを持っていく?

という感じになっていましたが、が、が!!

高校2年生になって、これが変わったのですよ!

次男は1年生の時、昼に放送部や吹奏楽部の練習があって、

お弁当なんて食べてる暇なんてないといつも言っていました。

そうしたら、酸欠状態?になって頭が痛くなったこともありました。

それでも、やっぱりお弁当を食べないことも多く、

コンビニがいいわ、、、みたいになってしまって、

これ、どうにかならないかなぁ?と思っていました。

2年生になり、4月入学前から新一年生が練習に来ていますから、

今度は指導する、手本となる立場になったわけです。

お弁当を食べないでも、練習にいち早く来い!なんて先輩として言うの?

自分が食べないで体調を崩したから、ちゃんとお弁当食べてから練習するように!

というのが本当の先輩でしょうと次男に話してから、

あら、不思議、お弁当食べて帰るようになりましたよ。

まだ、春休み中ですから食べれるのかもしれませんが、

やっぱり先輩になると意識が変わりますね!

時間がないのではなくて、「意識」が変わるとできるようになるものですね。

長男も、次男も、あっぱれ、あっぱれ!拍手。

次女も結婚してから、毎日旦那さんのお弁当を作っていますから、

本当にみんな偉いな~と思って、母親として本当に嬉しいですね。

弥栄 弥栄

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。