FC2ブログ
2018/04/22

「思い」を伝える!

今日は、大田市のあすてらすで、食育の会がありました。

いちこさん、のぶえさん、

お越しくださって、本当にありがとうございました。

今日は、上級食育指導士としてのお話もさせていただき、

徳山セミナーで学んだお話もお伝え致しました。

今日「わかった!」と心にストンと落ちたことがありました。

それは、クロージングで川崎代理店さんが話されたことです。

「何を伝えるのか?」「何が伝わるのか?」

「自分の思いを伝えるのです」という言葉がすごく心に響きました。

今まで、何度も聞いてきた言葉なのに、なぜでしょう。

それは、理屈として「思いを伝えましょう」と言われたのではなくて、

今月のリプルの終わりの方に掲載されていた

歌手の「山崎ていじさん」に商品を伝えたのが川崎代理店さんだったので、

その時の実際の会話、やり取りを再現してくださったから、

商品の成分や働きなどの説明などは一切しないで、

なぜ食べて欲しいのか、自分の思い、息子を思う母の祈り、

ただひたすら息子の体を思いやる母親の祈るような思いを

川崎さんから聞かせていただき、

とても心に響きました。

わかったのです、何を伝えるのか?何が伝わるのかということが。

心から相手を思う熱い気持ち、思いが伝わるのだ!ということが。

以前、私が商品説明をしたときに、先輩代理店から

「説明だけで、山口さんの話には実感が足りない」

と言われたことがありました。

「正確な知識と情報を伝えること」が大切だと思い込んでいました。

熱い思い、情熱、祈り、それが「伝わる」のだとよくわかりました。

「感情」が深く伝わるのだと腑に落ちました。

メンタルトレーナーの飯山じろう先生も

「私たちの脳は感情に支配されている」と言われていました。

今日もいい学びができました。

弥栄 弥栄

コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。