FC2ブログ
2018/05/07

歯は大事なんですね~!

私の母は今年の10月で85才になります。

先日、母は、上の歯を入れ歯にするため、まとめて前歯を3本抜きました。

前歯がないと下顎が出て上唇がしぼんで、ぐっと人相が変わりますね。

まだ、入れ歯ができていないので、おかゆさんなど柔らかいものばかりで、

栄養が取れないといいながら過ごしておりました。

先日稚児行列があり、母も暑い中参加したりして疲れが出たのでしょう、

免疫が下がっていたこともあって、ロタウイルスかな、嘔吐下痢になってしまい、

水便と嘔吐で、大変しんどかったようです。

近所の個人病院の先生にみていただいて、お腹を温めるように、

温かい味噌汁の汁だけでも塩分補給も大事ですから飲むように言われたようです。

今までは、歯の治療に通うのも面倒だから、入れ歯が楽かなぁと言っていましたが、

実際に歯を抜いてみると、歯のありがたさを痛感したようです。

こんな時にもミキのシェークが流動食で助かりますよね。

でも、嘔吐下痢でどんどん水分が体から出てしまうと本当に衰弱しますから、

三度三度のご飯を噛んで食べることも、本当に大事だったんだなぁと

しみじみわかったわぁと母が言っておりました。

歯があるということは、本当にありがたいことですね。

弥栄 弥栄


コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。