信用しとらんし、頼りにもしとらん…

2013/ 12/ 13
                 
2013.12.13 (金)

ある人のご主人に対する口癖が

「信用しとらんし、頼りにもしとらん」 なんです。


ご主人に対して、その言葉はないでしょう!!


ん~~~~


ご自分が言ったような現実が現れるのですから、これは禁句ですよ!

本心では、そんなこと言いたくて言ってはおられないとは思うのですが…

過去、裏切られたことを忘れられないと言われますので、また信じて裏切られたくないから、この言葉が出るのでしょうね。

・・・・・・・・

なんて言いながら…

そういえば


私も以前、長男に対して、口では言いませんでしたが、あんまり頼りにしていませんでした (^_^;)


でも、矢野先生のアドバイスで、「長男なんだから、お父さんもお母さんも頼りにしているよ」と言ってあげてごらんなさいと言っていただき、そのように長男に伝えたら、満面の笑みで喜んでくれたのですよ。

それからというものは

頼りがいのあるお兄さんに大変身!!

言葉って大事だなぁ… 言ったようになるんだなぁ…

思ったように見えてくるもんですね~。


ほんとうにこれは実感しています。


人を信用していなかったのは、ほかの誰でもない この私でした~!(チャンチャン)

人を信用しない態度は、なんとも見苦しいものですね~。

山口さん、人を信用しないという態度は、こんなに見苦しいものなんですよ!!

この方のご主人に対する言葉を聞いてわかりましたか?


はい!! よ~くわかりました!!

気づかせていただき、ありがとうございました~!





                 

コメント