2014/01/11

NHK(Eテレ)の 「幸福学 白熱教室」 がおもしろい!

2014.1.11 (土)

奥出雲の藤原さんは、じつにいい番組を見つけられます!!

感度のいいアンテナをお持ちです。

さらにそれをこれから見れる段階で「伝えて」下さいます。

この度も、自身のブログ「ピロリン日記~お母さんはおたんこナース」に紹介してくださっていました。

さっそく「連ドラ予約」して、昨日夜11:00からEテレでやっている「幸福学 白熱教室」を見ました。

第1回の今回のテーマは、「幸せを見つける鍵」 ブリティッシュ・コロンビア大学 エリザベス・ダン博士(女性)

第2回は、あなたの仕事と幸せの関係 1/17(金)PM11:00~11:54 です。

ロバート・ディナー博士(男性)の授業で、仕事で得られるものは、お金、やりがい、地位、名誉などがあるが、仕事をする時に、求めるものが何か?によって幸福度が違う・・・という内容のようですよ。

ゆうべの第1回は、何かをもらったときより、人に分け与えた時の方が、より幸福度が得られたという内容でしたよ。

他者のために「自発的に」何かをした人は機嫌が良くなり、人助けを「強要される」と機嫌が悪くなる。

物を買うより、経験(実感)を買う方がより大きな幸福感を得られる。

人からもらうより、「人に与える喜び」の方が、喜びが大きく心に残ると言われているのを聞いていて

食育で、小さい時から料理を作って、家族へ「どうぞ」と食べてもらう経験は、まさに「人に与える喜び」ですよね。

強要ではなく、「自発的に」・・・これが大事なんだなぁとつくづく感じましたよ。







コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。