2014/02/09

スタップ細胞はストレスを与えた後に発見された!

2014.2.9 (日)

小保方晴子さんが発見したといわれる「スタップ細胞」

マウスの細胞を

・ 弱い酸性の溶液に浸したり

・ 細菌毒素で細胞膜を傷つけたり

・ 細胞を細いガラス管に通す など

細胞を、ほぼ致命的なダメージを受けるような、ストレスがかかる環境にあわせて

その環境を生き延びた細胞が初期化され、未分化の状態へ戻すことができたのが「スタップ細胞」


当初は、「プリンセス細胞」 王子様にキスをされたお姫様が生き返るような細胞だということで考えられていたそうです。

ストレスを受けると若返る!!

ストレスが若返りのきっかけになるということです!!

自分がそう思えるかどうか?ということではなくて、ストレスがないと若返らないということが実験で明らかになったわけですから、ストレスが若返りの元になるという事実、真実を受け入れましょう!

私たちは今まで、ストレスがかかると体が壊れるというイメージだけが大きかったと思うのです。

「逆転の発想」 というのは気持ちいいものですね~!

ストレスを味方につけられれば、人生、鬼に金棒です!! 

ストレスがかかったな! と感じたら、これからは「若返っている・細胞が初期化されているぞ!」

そう感じることにしてみます!!

人生がガラッと変わりそうですね。

小保方さんは、本命八白土星のチャレンジャー。

あきらめない情熱!!

見習いたいと思います。


コメント

非公開コメント

オレンジアメジスト

山口栄延(やまぐちさかえ)
NPO法人日本食育協会
上級食育指導士
認定食育講師
評議員

1962.2.8島根県生まれ
女女男男(4人)の子どもの母親

長女の発達の遅れをきっかけに
H3年~食について学び始める
H7年~栄養補助食品の代理店として、食生活を改善し健康に導く活動をしながら、
健康に生きていくための知識は幼い時から知ることが大切と、
H16年食育指導士の資格を取得
「食べることは身体をつくり、心を整える」と題して保育所、小学校、中学校、高校、特別支援学校、公民館など、あらゆる年代の方を対象に講演活動を展開中
H18年~村山幸徳先生の九星気学塾受講。